ブトリント

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < ブトリント


ブトリント


アルバニアの南端近く、ブトリント湖畔に町が起こった

のは、紀元前6〜前5世紀頃だといわれる。ギリシアの

港湾植民都市として築かれたこの都市は、ブトリント湖と

アドリア海を結ぶビバリ水路を、監視する役目をもって

いたと考えられている。町は沿岸低地の都市部と高台のアクロポリスの2区画に分かれ、

紀元前5〜前3世紀まで繁栄していた。イオニア式の神殿跡や、公共浴場、円形劇場など

当時の遺跡がアクロポリスに残っている。その後、紀元前2世紀のローマ帝国への併合に

ともなって、円形劇場の増築や新たな建設が行われた。 5世紀に入ると、キリスト教の

時代がおとずれ、宗教建築物がつくられた。なかでも公共浴場を改造してつくられた

洗礼堂は、鳥や動物のモザイク画が美しい遺構といわれている。


<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved