ケベック

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < ケベック


ケベック歴史地区



カナダ東部、セント・ローレンス川下流の北岸に位置する

ケベック市は、ケベック州の州都。フランス系の住民が

92%を占め、フランス語が公用語として認められている。

特に城壁に囲まれた旧市街は、住民の気質や

生活習慣にも、フランスの香りが強く残り、フランスの

町角に居るような幻想にとらわれる。北アメリカ唯一の城塞都市としても貴重な地区

であり、カナダ観光の中心地のひとつになっている. 1608年にフランスの植民地として、

シャンプランが砦をディアマン岬のつけ根に築いたことに、ケベックの歴史は始まる。

毛皮の交易所として繁栄し、フランスの北アメリカの重要拠点となると、ケベックは

イギリスの攻撃目標となった.17〜18世紀にかけて、たびたびイギリスの侵略を受け、

1763年のパリ利平条約によって、北アメリカのフランス領はすべてイギリス領と

なった。その後1820〜1850年にかけて、アメリカ軍の脅威に備えて、現在残っている

城塞と星形の要塞が架かれた。また、この時代にはカナダ最大の港として繁栄し、

城塞内の旧市街に行政関連の建物や、教会などが建設された。岸下のセント・

ローレンス川沿いには居住区、商業地区のロウアータウンが形成された.城来内の

中心はグルム広場で、1892年に建てられたフロントナック状は現在、ホテルの

シャトー・フロントナックとして健在で、ケベックの象徴ともいえる。一方、崖下の

ロウアータウンの中心は、ロワイヤル広場. フランスのルイ14世の銅像が立ち、

広場に面してシャンプランの家であった、アビタシオンがある。また、19世紀初頭に

旧市街の南部に築造された、シタデル(要塞)には、現れもカナダ陸軍が駐屯している。




<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved