カホキア

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < カホキア


カホキア・マウンズ州立史跡



イリノイ州南西部に9〜13世紀にかけてミシシッピ川

中流域で栄えた、先住民族の文明の繁栄を伝える

遺跡がある。頂上が平らな墳丘が120余りあり、

「モンクス・マウンド」と呼ばれる最大の墳丘は、縦304m、

横213m、高さ33mの台形で、 上台だけではエジプトの

大プラミッドをしのぐ。ミシシッピ文明は、北米では珍しい厳格な階級社会であったと

推測される。モンクス・マウンドの上部には、支配者である神官、あるいは王が住んでいた

と思われる.この南側にある72番マウンドは墓の跡で、おびただしい数の副葬品とともに、

生贄らしき6体、殉死と思われる57体(53体は女性)の遺骨が発見されている.。

ミシシッピ川とミズーリ川の合流点に近いために、土壌は肥沃でトウモロコシやカボチャ

などの栽培に適し、狩猟採集の対象となる動植物も多く、生活は豊かだったようだ。

加えて2つの川を利用し、交易にも便利であったと思われる。神聖とする地を守るために、

高さ約4m、周囲約3kmの範囲を木製の柵で囲み、カレンダーと推定される環状に並ぶ

48の本柱「ウッドヘンジ」をつくるなど、独特の発展を遂げた.「太陽の都市」と呼ばれた

カホキアは、12世紀頃に最盛期を迎え、当時の人口は約2万人と推定される。以降の

衰退原因は、気候変動による食糧不足、木材の枯渇などが考えられている。



<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved