タスマニア

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < タスマニア


タスマニア原生地域



オーストラリア南東部にあるタスマニア島は、世界が

最後の未開の島である。島の北西部のクレードル山

から、南西部の海岸までの地域には、 4つの国立公園が

あり、島の総面積1万3836kuの5分の1におよぶ。

標高1617mのオサ山を筆頭に、標高1300m級の山が多く、

氷河によって侵食された独特の景観である。山々は島の中央部に連なって、

メセタ(台地)を形成している。このメセタも、クレードル山/セント・クレア湖

国立公園内のセント・クレア湖も、すべて氷河の侵食作用が生み出したものだ。

浸食は激しく、かつて谷だった湖の水深は160mにも達する。雪解け水は、

湖の南西に100以上の沼地をつくりだした。クレードル山/セント・クレア湖

国立公園では有袋類のオポッサムや、肉食性の有袋類としては最大の

タスマニアデビルなどが成育する。また、固有種の動物も多く、島であることが

幸いして、野生のイヌ、ディンゴが入りこまず、絶滅からまぬがれた。島山部は

世界最後の末開地のひとつで、世界で唯一、亜南極のヤブとオーストラリアの

ユーカリノキが混在する亜高山混交林がある 鳥の南西部のカヤッリグサと

ユーカリノキの牧草地は、かつて冷温帯多雨林であった所。年間降雨量3500mm

という環境が、 この多雨林を育てたのだが、無謀な伐採により、19世紀初頭に

姿を消した。タスマニア島は、鐘乳洞の多さでも知られるなかでも、

サウスウェスト国立公園の巨大なジャズ洞窟には、アボリジニの岩壁画が

なっている。1万年以上前のものといわれ、手を押しつけて形をつくり、そこに

黄土動物の脂や上をふりかけて描かれている。これは、 ステンシル技法と呼ばれ、

島内のほかの洞窟でも同じ技法による岩壁画が見つかっている。



<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved