シェーンブルン

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < シェーンブルン


シェーンブルン宮殿と庭園


ウィーンの市街から南西約5kmに位置するシェーンブルン

宮殿は、フランスのヴェルサイユ宮殿とよく比較される。

1695年にハプスブルク家のレオポルト1世が、夏の離宮の

建設を命じた時は、確かにヴェルサイユをしのぐものを

めざしていた。しかし、バルカン半島での戦争などで財政が圧迫され、建築された宮殿は

ヴェルサイユ宮殿にはおよばないものとなった。シェーンブルン宮殿の運命が大きく

変わったのは、1740年に女帝マリア・テレジアが居城と定めてからだ。宮殿には多くの

付属建築物が増築され、宮殿の側面の様には中2階が増設、中央棟の1階には庭園への

通り抜けがつくられた。ほかにもファサードの改築、諸室の改造など、数えあげれば

きりがない。庭園も、大幅な改造が行われた。花壇、噴水、植え込み、彫刻、並木道、

ローマ遺跡を模倣した建築物、それらすべてが幾何学的に組み込まれて配置、

建設された。隣接する森でさえ、その構造の中に組み込まれた。こうして、

ヴェルサイユに比肩する美しさと壮麗さを保つ、オーストリア最大のシェーンブルン宮殿が

誕生した。現在、宮殿には6歳のモーツァルトが、マリア・テレジアにピアノ演奏を

披露したという「鏡の間」、ナポレオンがウィーンを征服した時、執務室として使った

「ナポレオンの部屋」などがある。1500近い部屋があるが、公開されているのは39室の

みである。


<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved