ポトシ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < ポトシ


ポトシ



ポトシは世界最大の銀鉱床の町だった。ポトシ山に

鉱脈が発見されたのは1545年。スペイン人はこの山を

「セロ・リコ(富める山)と呼んだ。その後町は急成長し、

17世紀半ばには人口20万人の都市となっていた。

当時のヨーロッパにもこれほどの規模の都市は

なかったといわれる。王立造幣局では当時のスペインの銀貨を鋳造し、精錬工場も

最盛時には140が稼働していた。標高4070mという高地の町では満足に農業も営めず、

物資は輸送に頼っていた。それでも銀成金たちは贅沢三昧の暮らしをし政治は

完全に腐敗し、売春、犯罪は日常茶飯事の欲望の町たった。17世紀半ばまでの

100年間に、1万6000tの銀がスペインに輸出されたが、18世紀に入ると産出量が

急減し、それとともに町は衰退の一途をたどった。現在のポトシはスズの採掘が

行われる、人口約11万人の小さな鉱山の町となっている。狭い石畳の通りを歩き、

バロック建築のや堂やかつての造幣局(現在は博物館)を見ると、往時の繁栄が

浮かぶだろう。鉱山には見学コースがある。



<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved