セラ・ダ・カピバラ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < セラ・ダ・カピバラ


セラ・ダ・カピバラ国立公園



ブラジル北東部、カーティンガ(潅木の林)に覆われた

面積1300kuの公園内には、400以上の遺跡がある。

1983年、この地の2万6000〜2万2000年前の層から

赤色顔料の痕跡を残す壁が発見された。その時代に、

すでにここに人類が暮らしていたことを物語る壁画で、

考古学上画期的な発見であった。この壁画は、人の手で掘られた洞窟に赤、白、黄色、

黒の顔料を使って描かれている。モチーフとなっているのは、カピバラ、シカ、

ジャガーなどの動物、あるいは狩猟や性交といった人びとの日常生活、儀式などである。

壁画遺跡のはかに公園の象徴的存在ともいえるのが、ペドラ・フラーダだ。

「穴のある石」という意味で、厚い石の壁に高さ60m以上、直径15mの風化によって

できた穴があいている。




<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved