リラ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < リラ


リラ修道院


ブルガリアの南西部、リラ山の山奥にある

リラ修道院は、国内最大の修道院で、ブルガリア正教の

総本山でもある。10世紀頃、 イヴァン・リルスキー修道士

が、人びとの精神的荒廃に嘆き、ここで隠遁生活を

始めたのがきっかけで、やがて、彼を慕う信者が

その周辺に住み、集落ができた。リラ修道院は14世紀初頭の大地震や1833年の

大火事などで、壊滅的なダメージを受けたが、そのたびに再建されてきた。14世紀の

再建の際に、外敵や天災に備えた要塞のようなつくりにされた。現存するのは1335年に

建てられたという、フレリコの塔だけだが、その堅固さは十分にうかがうことができる。

19世紀の大火後の再建では、 3万2000uという敷地の中に、フレスコ画で飾られた

4つの礼拝堂、図書館、修道士独居房などが建てられた。敷地中央に建てられた

聖母聖堂は、ギリシア十字の三廊式である。白と黒の横縞のアーチをくぐると、

内部天丼や壁には、19世紀のブルガリア宗教画の傑作といわれる、フレスコ画が

並んでいる。祭壇の中央のやや上部に、大きな目が描かれている。これは聖人の

目をあらわしていて、聖堂内部のどこからでも見ることができる。敷地内には、

さまざまなイコンが展示された歴史博物館や、ブルガリアの伝統文化関連物が

展示されている民俗博物館などもある。


<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved