ボヤナ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < ボヤナ


ボヤナ教会


ヴィトシャの山々に囲まれたボヤナ地区は、

首都ソフィアから南西へ8kmほどの所にある。王や

貴族の別荘地として繁栄した地域で、そこに建つ

ボヤナ教会は、 3つの聖堂からなっている。最も

古いのは、教会の東端にある聖ニコラウス聖堂である。

1048年に王家の礼拝堂として建てられた。円蓋の天丼には、名の由来となっている、

型ニコラウスに捧げられたフレスコ画がある。1259年、次に建てられたのが、中央部の

聖パンティレイモン聖堂である。2階建で、3つの聖堂中で最も大きい。内部には18の

フレスコ画が描かれており、その数は89場面、240人もの人物が登場する。当時の

ビザンチン様式の人物画とは違い、ルネサンス様式に近い写実的なものである。

残念ながら、これらのフレスコ画はかなりの剥落と欠損があり、現在エネスコの支援で

修復が行われている。最後の第三聖堂の建設は1845年のことで、オスマン・トルコの

勢力が強まる中、キリスト教徒の復興と士気を高めるために出てられた。2階の

フレスコ画は、3つのテーマを描いているが、こちらも修復中である。3つの聖堂は、

建築年代が全然違うにもかかわらず、全体では調和のとれた建造物となっている。。


<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved