ホヤ・デ・セレン

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < ホヤ・デ・セレン


ホヤ・デ・セレン遺跡



サン・サルバドルの北西36kmにあるマヤ文明古典期前半の集落跡。3世紀頃から

農耕が営まれていたが、6世紀に近郊のロマ・カルデーラ火山の大噴火によって、

町全体が火山灰の下に1400年もの間、閉ざされてしまった。1976年、小麦用サイロの

建築工事で、偶然にも遣跡は発見され、すぐさま考占学者たちによる訓告・発掘が

始まった。途中12年におよぶ内戦により、発掘作業の中断などがあったが、

現在までに台所や寝室、作業場などを含む住居跡や共同浴場跡、集会場、

骨や石などでつくられた工具、髪飾りなどの日用品、トウモロコシやカカオ豆などの

化石が多数発掘されている。建物は日干しレンガが使われ、土台や壁の間は

鉄筋のように竹で補強されていたことなどがわかっている。当時の農村生活が

残され、中米版のポンペイともいえる、この遺跡は「ホヤ・デ・セレン(セレンの

宝物)」の名のとおり、考古学的にも人類学的にも貴重な遺跡である。




<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved