アンコール

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < アンコール


アンコール


9〜15世紀にかけて繁栄したアンコール朝は、26代に

わたって王に統治され、アンコール・ワット、アンコール・

トムなどの遺跡群を次々に築いていった。その技術は

非常にすぐれたもので、12〜13世紀初めには全盛期を

迎えるが、タイのアユタヤ朝の侵攻などによって徐々に衰退していった。

◆アンコール・ワッ卜
アンコール・ワットとはクメール語で「寺院のある町」という意味。12世紀前半に、
スーリャヴァルマン2世(太陽王)によって、30年の歳月を分けて建立された。
アンコール遺跡群最大の大伽藍で、ヒンドゥー教のヴィシュヌ神を祀る寺院であると
ともに、王を神格化して祀る墳墓寺院とするため、西方浄土を拝するよう、アンコール
遺跡中唯一西向きに建つ。環濠で固まれ、境内の中は3重の回廊がめぐらされている。
スーリャヴァルマン2世はその環濠を大海原に、周壁をヒマラヤ連峰に、そして5基の
尖塔を神々の住む須弥山に見立て、自らの宇宙観を表現しようとした。

◆アンコール・卜ム
アンコール・トムとは「大きな町」という意味。現在残るアンコール・トムの城壁は、
ジャヤヴァルマン7世によって、12世紀末に建造された。アンコール王朝最初の都城で、
クメールが最も繁栄した時代に造営された。ほぼ正方形、周囲には延長12Km、
幅130mの濠がめぐらされている。都城の中心に建つのが、仏陀を祀るバイヨンで、
アンコール・ワットと同様に、神の世界を地上に具現化した、クメール独特の様式を
もつ寺院である。

◆その他の建造物
信仰心の篤い仏教徒だったジャヤヴァルマン7世は、数々の建造物を残している。
そのひとつ夕・プロームには、往時1万人を超える僧侶や踊り子が、また聖なる剣を
意味するプリヤ・カンには、数万人の人びとが暮らしていたという。点在する遺跡に
残るレリーフからは往時の生活風景などもうかがえ、興味はつきない。



<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved