廬山

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < 廬山


廬山国立公園



江西省北部、長江中流の南岸に位置し、面積は

302平方キロ。 廬山では6000余年前から人類が

生存していたと言われており、人文の歴史も長く、

豊かな内容のあるユニークな廬山文化が形成

されている。廬山の森林カバー率は80%に達している。

有名な景観は五考峰、含鄱口など。

◆五老峰

廬山の中心地、牯嶺鎮から9キロ離れたところに位置し、
海抜は1358メートル。5つの連峰がほっそりしたお年寄リの顔つきと非常に
似ていることでこの名が付けられた。五老峰は廬山のまさざまな山峰の中の
最高峰で、そのうち、3番目の山峰が最も険し<、4番目の山峰が最高である。
五老峰の前にはそれぞれ獅子峰、金印峰、石船峰、凌雲峰、旗竿峰の5つの
小さな山峰がある。異なつた季節に、異なった角度からそれを観賞すると、
形がそれぞれ違っていて、いつもぼんやりしたあでやかな姿が見える。

◆含鄱口
正街から6キロ離れたところに位置する。廬山南東部にある含牯嶺は疾駆する
馬の勢いのようであり、また動きまわる竜のようであり、九奇峰と五老峰の間に
横たわり、近くの鄱陽湖をひと口に呑み込むようであるのでこう名付けられた。
犁頭尖(第4紀氷河の跡の一つ)に登ると、山の奥で日の出を見る最もよい場所に
たどりつく。ここから廬山の二番目の高峰である五老峰を眺めると、
あお向けになったお年寄りの像とよく似ている。含鄱口で雲海を見ることは
鷹山景観の一大特色である。







<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved