武当山

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < 武当山


武当山の古代建築物群



武当山は湖北省十堰市内に位置する。主峰の

天柱峰は海抜が1612メートルで、天まで届くように

空高くそびえ立っている。周辺には72の山峰があり、

24本の谷川の間には奇異な岩窟が奥深いところに

あり、白い雲と緑の樹木が互いに引き立てあって、

いろとりどりの景観を形成している。武当山の古代建築物群は唐の貞観

(627年-649年)の頃に築造を始めたもので、明の永楽21年(1423年)に完工し、

「九宮九観」(宮殿が9カ所、道観が9力所)、36の尼寺、72の岩窟廟のある

道教の建築物群が形成されている。武当山の古代建築物群は全体としての

構想が級密で、軽重がはっきりしており、配置も合理的である。既存の建築物の

規模の大きさ、 レベルの高さ、神仏の像、供え物およびその器具の種類の

多さは中国に現存する道教の建築物群の中でも全く目にすることはない。

◆紫霄宮
北宋の宣和(1119年-1125年)の頃に築造された紫霄宮は展旗峰のふもとに位置し、
海抜は804メートル、南向きで、武当山で最も完壁に保存されている宮殿の一つ
である。明の永楽10年(1412年)に玄帝大殿、山門、廊下、碑亭などの建築物が
160余りも築造され、「太玄紫霄宮」という名が下賜された。嘉靖31年(1552年)、
紫霄宮にはさらに860の道教の建物が増築された。

◆金殿
天柱峰の頂上に位置し、普通は金頂とも呼ばれ、海抜は1612メートル。純度の
高い金色の銅殿は永楽14年(1416年)に築造され、東向きで、建築物全体が
そびえ立つ天柱峰の気勢を十分に生かしたものであり、明代の皇室建築物の
建築様式で巧みに宮殿が配置されており、神の権威が最高であるという考え方を
強調したものである。この宮殿は中国に現存する最も早い時期の銅殿である。




<出所元:小学館『世界遺産の旅』>






ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved