莫高窟

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < 莫高窟


敦煌・莫高窟



敦煌市は、甘粛省河西廊下、祁連山の北麓にある。

面積3.12万k㎡、人口18万人。境内の西部、北部は

殆どゴビ砂漠で、オアシスは東南隅にあり、総面積の

4.5%を占めている。党河は境内にある唯―の川で、

疏勒河に属す内陸河で、祁連山の水河から源を

発し、全長390mで、敦煌オアシスの命脈である。典型的な乾燥気候に属する。

周りはゴビ砂漠に囲まれるが、土地が平かで気候が温暖で、水源が充足し、

豊かな砂漠のオアシス都市で、上質の果物と綿花の出産地である。

敦煌は文化芸術の宝庫莫高窟の所在地で、シルクロードにある重鎮であり、

古代西部辺境の軍事要塞でもある。1986年に国務院に歴史文化名城に

指定された。漢の武帝元鼎六年(紀元前111年)に敦煌郡を設けてから、

今からすでに2000年以上の歴史を持つ。敦煌は、東西側交通の要衝にあり、

古代中原王朝が西域、ギリシア、ロ―マヘの進出、西部民族の東進に行く

必ず通さなければならない所だった。華夏文化はここから西方に、西側文明も

ここから中原へに伝わり、東西側文化交流の中枢であつた。唐代(618~907)の

敦煌は最も最盛期を迎え、中国、インド、中アジア、西アジア、エジプト、

ギリシアなどの異文化を吸収し、カラフルな文化景観を呈し、ユーラシア大陸

人類文明の異彩を放つていた。燦爛たる歴史文化、独特な砂漠風光は、

敦煌観光に絶えぬ発展をもたらした。敦煌は、シルクロードにある世界に

注目させる観光勝地となつた。



<出所元:小学館『世界遺産の旅』>






ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved