承徳

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < 承徳


承徳の避暑山荘と外八廟


避暑山荘は承徳離宮という別称があり、熱河行宮とも
呼ばれ、河北承徳市中心区の北部にある。清朝の
皇帝が夏季に避暑し、政務をとるところである。清の
康煕四十二年(1703年)に着工し、乾隆五十七年
(1792年)に峻工した。総面積は564万平方メートル、
建築面積は約10万平方メートル、建築物は110余棟、
えんえんと起伏する塀は長さ10キロもあり、中国に
現存する最大の古代帝王の行宮である。避暑山荘は
素朴、淡雅の山村野趣を格調とし、山水の本来の姿を
保ち、長江以南と長城以北の風光を吸収して、大規模の王室庭園をつくった。宮殿は
北部民家の四合院の形式で建てられ、黒い煉瓦と瓦を使い、石灰で継ぎ目を塗り、
彩色の絵を施していない。 避暑山荘は宮殿区と苑景区の二大部分に分かれ、宮殿区は
皇帝が朝政を処理し、祝典を行い、日常起居をとるところで、面積は10万平方メートル、
正宮、松鶴斎、万壑松風、東宮の四組の建築からなっている。苑景区は湖洲区、
平原区、山巒区に分け、湖洲区は長江以南の物産豊かな土地の特色に富み、北東の
隅に清らかな泉つまりかの有名な熱河泉がある。平原区の西部は一面緑の草地で、
蒙古草原の風光を呈し、東部では古木が高くそびえ、大興安嶺の際なく広々とした
森林の景色を呈している。山巒区では丘が起伏し、樹木が生い茂っている。
 避暑山荘の東と北の山麓には雄大、壮観な寺廟群が分布しており、外八廟と言って、
康煕五十二年(1713年)から乾隆四十五年(1780年)までの間に陸続と建立されたもので、
溥善寺、普寧寺、須彌寺之廟、普陀宗乗之廟、殊像寺の八つである。外八廟は漢代式の
宮殿建築を基調とし、蒙古、チベット、ウイグルなど諸民族の建築芸術の特徴を吸収して、
中国の多様で統一された寺廟建築の風格をつくり出した。
 外八廟の主要な建築は、普楽寺、普寧寺、須彌福寿之廟、普陀宗乗之廟である。
普楽寺の主体建築である旭光閣は、丸い屋根には二重のひきしで、造形が優美であり、
北京の祈年殿に似ている。普寧寺は大乗之閣の千手千眼観音菩薩は高さ22.23メートル、
重さ110トンで、世界最高最大の木製彫像である。普陀宗乗之廟はラサのポタラ宮の形と
構造をまねて建立されたもので、小ポタラ宮と呼ばれている


<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved