曲阜の孔廟

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < 曲阜の孔廟


曲阜の孔廟、孔林、孔府


孔廟は巨大な宮殿式建築で、孔子の死の翌年、

魯の哀公が大成殿を建てて祀ったのが始まりで、

その後歴代の皇帝が改修させ。正殿である

大成殿は、清代の1730年に明時代の規格に

あわせて再建されたもの。東西間回54m、南北奥行き34m、高さ32m、建築面積

1鶴6m2の大建築である。石柱ごとに双竜が浮き彫りにされ、重厚な雰囲気を

醸し出す。殿内には高さ3.3血の孔子の像が立つ。孔林の「林」とは墓所のことで、

孔子と子孫の墓で、明時代の1444年に建立されたもの。四周に塀がめぐらされ、

2平方kmの敷地は2万本の樹木で覆われている。孔府は孔廟の東隣で、子孫を

含めた孔子一族の私邸を兼ねた役所.歴代の王朝は後裔たちを厚遇し官爵を

与えた。宋時代に当地に建物が建ち、前部が役所、後部が住居という現在の形態は

明時代にでき、孔子77代がこの家ですごした。儒教の祖、孔子の生誕・終焉の地

である曲阜は、春秋時代の魯国の都で、孔子は魯国の仰邑(曲阜の東南)の出身。

若い頃、倉庫管理係や牧場の小役人などを勤め、のちに魯国の代官や農事長官、

司法長官などを歴任。55歳で宰相代行となったが、間もなく辞職して諸国をめぐった。

68歳で魯に帰り、教育や文化・典籍を整理する仕事につき、72歳で没した。

弟子3000人といい、そのうち賢者は72人もいたという。儒学書『論語』は孔子の

思想をあらわしたものとされ、長期にわたって科挙試験の標準書となり、また朝鮮・

日本の学術に多大な影響を与えた。



<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved