カルタヘナ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < カルタヘナ


カルタヘナの港・要塞



まぶしい陽光、カリブからの潮の香り、サルサの

心地よいリズム…。カルタヘナはコロンビアを代表する

リゾート地だ。しかし、城壁に囲まれた旧市街に

一歩入ると、16〜17世紀の植民地時代にタイムスリップ

したかのような錯覚を覚える。カリブ海に突き出したボカ・グランデ半島に目をつけた

スペイン人の入植者、ペデロ・デ・エレディアが町を住設したのは1533年。以来、

金、銀、カカオ、タバコ、香辛料など植民地の富を積み出す重要な貿易港として

発展したが、しばしば海賊やイギリス、フランスからの攻撃を受けた。これに対抗して

16世紀末から、町をぐるりと取り囲むように総延長4kmの城壁が建設された。大量の

資金がつぎ込まれ、労働者としてアフリカから30万人ともいわれる奴隷が連れて

こられた。城壁の建設の歴史は、カルタヘナの歴史そのものといってもよい。

同時にいくつかの要塞も建設された。防衛の中心となったのが、旧市街東部に

あるサン・フェリペ要塞。40mの丘の上に築かれた堅牢な要塞は、1536年から21年を

かけて建設され、複雑な通路やトンネルを備えている、1741年にはイギリス海軍が、

50隻以上の戦艦で2か月にわたって町を包囲したが、ついにこれを撃退した。 

また旧市街には、ボリバール広場を中心に、テドラルや旧宗教裁判所など16世紀の

美しい建築物が残っている。



<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved