メンフィス

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < メンフィス


メンフィス周辺ピラミッド地帯


かつてナイル川の増水によって恵みを受けた豊穣の

大地は、強大な力を誇るファラオ(王)を生み、

約3000年にわたる古代エジプトの繁栄を支えた。

エジフト古王国(紀元前2680年頃〜前2200年頃)の

首都メンフィスの墓所のひとつサッカラに、ファラオの命によって最古のピラミッドが

つくられた。もともとファラオの墓は、日干しレンガでつくられたマスタバという直方体の

台のようなものだった,第3王朝のジェセル王がそれを6段に積み重ねて、高さ60mの

ピラミッドをつくった。その後、四角錐のピラミッドが定着し、ファラオの権力が増すにつれ、

ピラミッド建築は、権勢の象徴としての意味合いが強くなった。あとは代を重ねるごとに

巨大化し、第4王朝のクフ王時代に高さ146m、底の一辺が230mというエジプト最大の

ピラミッドがギザに建築された.平均2.5tの石を230万個も積み、表面を石灰岩の化粧石で

覆った壮大なヒラミッドは、現代技術をもってしても建築は困難といわれる。ギザには

クフ王とカフラー王(高さ142m)、メンカウラー王(高さ67m)の三大ピラミッドが立ち並ぶ。

古代エジプトでは、死者が来世で必要とするすべての品々を、一緒に埋葬する習慣が

あり、身の周りの世話をする召し使いの代わりに、木彫りの人形が用いられた.

また、クフ王の大ピラミッドは5隻の船を埋葬した船の溝や上下2つの神殿、王妃の

ための小ピラミッドなど何属建造物をもち、それら全体をピラミッド。コンプレックス

(複合体)と呼んでいる.


<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved