アブ・シンベル

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < アブ・シンベル


アブ・シンベルからフィラエまでヌビア遺跡群


エジプト最南部ヌビア地方に残る古代遺跡群を代表する

ひとつは、ナイル川に浮かぶフィラエ島に建てられた

イシス神殿。そしてもうひとつが、第19王朝に君臨した

ラムセス2世による、アブ・シンベル神殿だ。2歳で

即位し、25歳のときに西アジアのヒッタイトとカデシュの戦いを引き分けた後、ラムセス2世

はそれまで精力的に行っていた外征を控え、エジプト中に巨大な建築物を建て始めた。

そのひとつ、ナイル河畔の一枚岩から掘り出されたアブ・シンベル神殿は、高さ33m、

幅38mのファサードをもつ大神殿と、最愛の妃ネフェルタリに贈られた小神殿が少し

離れて並ぶ 。入口に彫られたラムセス2世の巨大な像、内部の美しい壁画、カデシュの

戦いを描いたレリーフなどが、ファラオの偉大さを物語る。アスワン・ハイ・ダムと

建設のため、水没の危機にさらされたが、1968年二、ユネスコの救済活動により、

神殿を1万6000個に分割・解体してやや内陸の高台に移築した。


<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved