エディンバラ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < エディンバラ


エディンバラの旧市街と新市街


スコットランドは最後まで、 イングランドからの独立を

保っていた国である。1707年に統合され、グレート・

ブリテンの一角を担うようになるが、その独特の伝統・

文化は今なお残る。そのスコットランドの首都が

エディンバラである。エディンバラの町はウェーバリー駅を

境に北が新市街、南が旧市街とはっきりと分かれている。旧市街は石畳の道が入り組む

中世の町並みが続く,エディンバラのシンボルであるエディンバラ城が三方を断崖に

囲まれた岩山に建っているのも、この旧市街の方だ。7世紀につくられた砦に起源を

もつこの城は、代々のスコットランド王の居城として、重要な役目を果たしていた。

敷地内にはエディンバラ最古の教会である、聖マーガレット礼拝堂が建っている。また、

ホリールード宮殿とエディンバラ城を結ぶ道は、国王が通る道であり、長さがちょうど

1マイルほどだったので「ロイヤル・マイル」と呼ばれ、現在でも旧市街のメインストリートと

なっている。この通りには、スコットランド最高位の教会であるセント・ジャイルズ大聖堂や、

宗教改革の旗手として活躍したジョン・ノックスの家、旧市庁舎などがある。新市街は

統合後、18〜19世紀に左右対称の町並みが設計、建設された。碁盤状に通りが並び、

所々に公園などが配されている。なかでも旧市街との境界につくられたプリンスズ・

ストリート・ガーデンズには、花時計や、14〜19世紀のスコットランドの美術作品を

集めたスコットランド国立美術館などがあり、見どころも豊富だ。



<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved