タリン

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < タリン


タリン



バルト海フィンランド湾に面したタリンに、1219年、

デンマーク王バルデマー2世が要塞を建設した。

エストニア人がこの要塞を、デーン(デンマーク)人の城

「Taani linn」と呼び、それが町の名の起源となった。

その後、タリンはハンザ同盟に加盟し、ロシアとの交易基地として発展する。しかし、

16世紀のリヴォニア戦争では、スウェーデン、ロシアの支配下となる。以後、

紆余曲折を経て、1990年に旧ソビエト連邦から離脱し、独立を宣言した。

旧市街の町並みは、大別すると支配者層が住んだトーンペアの山の手と、商人街の

下町に分かれる.山の手のトーンペア城は、13世紀にデンマークのチュートン騎士団が

建築し、以後、支配者が代わるたびに改築された。18世紀、ロシアのエカテリーナ2世

によって現在の形になった。大聖堂(トームキリク)はエストニアで最古の教会で、

トーンペアの地名の由来ともなっている。現在の建物は、18世紀に大修復を受け

再建されたもの。 ハンザ同盟のドイツ商人がつくりあげた商人街の下町は、

生活の中に歴史が生きている。市場が開かれたラエユヤ広場を中心に、石畳の

路地がいくつものびている。市議会薬局は14世紀の創業で、現役薬局としては

ヨーロッバ最古である。旧市庁舎は13世紀に建てられたゴシック建築。

聖ニコラス教会も13世紀の建物で、 ドイツ商人全船乗りの守護聖人ニコラスを

祀って建設した。現在は美術館として公開されている。展示品としては、15世紀末に

描かれた『死の舞踏』は見逃せない。「死を忘れるな」という中世特有の

絵画モチーフの作品である。






<出所元:小学館『世界遺産の旅』、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』>



ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved