アヴイニョン

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < アヴイニョン


アヴイニョン歴史地区情報


ローマ教皇庁が移転してきた14世紀に、アヴィニョン

急速に発展した。教会をも支配下にと考えたフランス王

フィリップ4世による、いわゆる「教皇のバビロン捕囚」の

時代である。高さ50mの城壁に囲まれた教皇庁は、

まるで要塞のように見える。広大な敷地には、旧宮殿と新宮殿が設けられている。

シトー会修道院出身の、ベネディクト12世の建てた北の旧宮殿は、簡素を旨とする

シトー派だけにつくりはシンプル。クレメンス6世の新宮殿は、ゴシック様式の影響を

受けた華麗なつくりになっている。アヴィニョン住民が誇る町のシンボルは

「アヴィニョンの橋」として知られるサン・ベネゼ橋である。牧童のベネゼが神のお告げを

聞いてお布施を集め、橋の建設に 生を捧げたといういわれのある橋。1190年に完成した

橋は、全長900、21の橋脚と22のアーチがあった。しかし、1660年の洪水で流され、

4つのアーチと橋の上のサン。べネゼ礼拝堂を残すのみになってしまった。橋の上からの

市街の眺めは美しい。

<出所元:小学館『世界遺産の旅』>



ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved