アルル

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < アルル


アルルのローマ遺跡とロマネスク建築情報


アルルは、ローマ時代に首府がおかれ、中世には

宗教の中心地として発展した。その歴史は今も町の

至る所で見受けられる。ローマ時代の最大の

モニュメントは、円形闘技場と古代劇場である。ローマ

植民地時代の1世紀末につくられたとされる闘技場は、 2層で60のアーチが周囲を囲み、

2万5000人以上収容できる。中世には城塞に改造されたが、19世紀初めに闘技場として

再建された。紀元前27〜前25年頃につくられた古代劇場は、受難の歴史を歩んだ。

5世紀には教会建築の石材として切り出され、 9世紀に要塞に改築、そして地中に

埋もれてしまい、その上に家が建てられてしまった。19世紀に55年かけて発掘されたが、

舞台の装飾壁は見るかげもなく、大理石の柱がなっているだけだ。古代劇場の隣には、

ロマネスク様式のサン・トロフィーム教会が建つ。正面入口の彫刻も見事な出来ばえ

だが、プロヴァンスで最も美しいと評判なのが回廊である。特に北回廊の「キリストの

復活」と北東の聖パウロの彫像が見事。このほか、ローマの遺跡としては、馬蹄形の

地下回廊、コンスタンタン共同浴場跡、古代ローマから15世紀まで使われた墓地・

アリスカンなどがある。中世の建築には、マルタ騎士団の修道院だったレアテュ美術館

などがある。


<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved