ミディ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < ミディ


ミディ運河情報


トゥールーズから地中海に面するトー湖を結ぶミディ運河は、

南フランスの経済成長に大きく貢献した。この運河は

トゥールーズでガロンヌ川につながり、地中海と大西洋を結ぶ

重要な交通路の役割を果たしたのである。運河建設の提案・

指揮をしたのは、徴税使ピエール・ポール・リケで、私財を

投じ、情熱を傾け建設に当たった。全長240kmの主幹部分と

支流から構成され、合わせて360mにおよび、水門が103設置されている。工事は

1666年から始まり1681年に完成したが、残念なことに、リケはその半年前に

他界していた。完成はリケの息子の手になる。その後、運河周辺で水害が発生

したため、補修工事が行われ、1694年に工事は最終的に完了した。運河は、随所に

当時の土木技術の水準の高さを示している。山間にいくつかの人造湖をつくり、

不可能といわれた海抜189mに水を引くことを可能にしたことや、高低差のある

部分をスムーズに船を通すための水門のシステムには、17 世紀の最先端の技術が

駆使されている。リケは機能面ばかりを重視せず、景観にも腐心した。運河に沿って

4万5000本の樹木を植えたのである。19世紀末、 ミディ鉄道の開通で交通路としての

役目は終えたが、周囲の自然と調和した運河は当時と変わらず、今日も多くの

観光客の目を楽しませてくれる。



<出所元:小学館『世界遺産の旅』>



ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved