カルカッソンヌ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < カルカッソンヌ


歴史的城壁都市カルカッソンヌ


カルカッソンヌの二重の城壁は、ヨーロッパ最大と

いわれている。ここは、フランスとスペインを結ぶ

地理的に重要な場所。そのため、古くから争いの舞台に

なることが多く、城壁都市が築かれたのである。

ローマ時代に始まり、スペインとの国境を定める

ピレネー条約が締結された17世紀半ばまで、城壁は補強、増築が繰り返されてきた。

石が無秩序に並べられた内壁の下の部分に、ローマ時代の面影が残っている。以後

この地に平和が訪れると、城壁は無用の長物となり、崩れるままに放置されたが、

19世紀に歴史的価値が認められ復元された。城壁内はシテと呼ばれ、曲がりくねった

細い坂道が続く。5つの塔をもつコンタル城は、華麗さはないが風格ある古城の趣が

ある。ゴシック様式の美しい八角の塔がそびえるサン・ナゼール寺院は、

ステンドグラスが見どころ。ステンドグラスは16世紀につくられたもので、ちょうど

ガラスをダイヤでカットする技術が考案された時期に重なる。その技術が導入される

以前のものと以後のものが、同時に見られておもしろい。城壁内は、過去の遺跡では

なく、商店なども営業しており、今も1000人以上の人びとの生活の場となっている。

<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved