ムツヘタ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < ムツヘタ


ムツヘタ


グルジアの首都がトビリシに移されたのは、5世紀頃。

それまで首都はムツヘタにあった。名前の由来は、

この町を築いたムツヘトス王からきている。トビリシの

北20kmの所にある。小さな町だが、考古学的発掘が

行われており、ムッヘタの歴史を掘り起こしている。

王宮跡に建立されたスヴェティツホヴェリ大聖堂は、4世紀に建てられたグルジア最古の

ものといわれている。11世紀に再建されたが、14世紀末にモンゴル軍に破壊された。

15世紀に修復され、グルジア人の信仰の中心となっている。正面は装飾の彫刻が

施され、フレスコ画の断片も残る中世建築の傑作である。そして、町の正面山頂には

小さな寺院が建っている。これは、ジュヴァリ聖堂といい、キリスト教に帰依した

ミリアン王が「山の項に十字架を建てよ」と、命じたことからきている。建物自体は

6〜7世紀にかけて建てられたが、グルジアー神聖な地とされている。四角い建物の

上に八角形のドームがのった美しい建築物である。


<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved