ロルシュ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < ロルシュ


ロルシュの王立修道院


ロルシュにある「王の門」と呼ばれる建築物は、フランク王国

カロリング朝期の建築様式による貴重な遺構となっている。

二層に分かれたカロリング朝の「王の門」は、王立修道院の

楼門であり、現在も町の入口を兼ねている。修道院は764年に

建築された。その翌年、殉教者聖ナザリウスの遺骨が納められ、

多くの巡礼者が集うようになった。その後、772年にフランク王国の

保護下におかれる重要な修道院となった。残念ながら、1090年の火災で修道院の聖堂

自体は焼失し、12世紀に建て直されたが、今度は16世紀の三十年戦争で廃墟同然と

なってしまった。現存するのは12世紀に再建された中央身廊の一部のみである。

「王の門」は、8世紀末〜9世紀初頭に建てられ、現存する聖堂よりも古い。カール大帝の

戦勝を記念して建てられた儀式場説が有力であるが、その役割ははっきりしない。

1984〜1985年に行われた発掘調査で、最初に建てられた修道院の礎石が発見され、

居住区を取り囲むように聖堂や各施設が存在していたことが判明した。



<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved