ケルン

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < ケルン


ケルン大聖堂


ケルンの歴史は、紀元50年のローマ帝国のアグリッピナ

植民都市にまで、 さかのぼることができる。このケルンの町の

中央駅すぐそばに建つ大聖堂は、完成まで632年もの歳月を

費やしている。カロリング朝時代に建てられた素朴な聖堂が、

火災で失われ、再建されたものの、新たに大規模なものに

建て直されることになった。その新しい聖堂がケルン大聖堂だ。

大聖堂の着工は1248年のこと。少しずつ建設が進められて

いったが、1560年頃に資金不から中断。このままうち捨てられたかもしれなかったが、

1814年に、運よく14世紀初期のオリジナル図面が見つかり、建設中断から3世紀近く

たった1842年に再開された。そして、1880年にようやくケルン大聖堂は完成したのだ。

長い中断期間があるが、それも無駄ではなかった。結果として、その間に起こった

聖堂改築の嵐を避け、ケルン大聖堂は中世ゴシック様式を忠実に再現することができた。

入口の門を入ると、右手にはバイエルン王によって奉納されたステンドグラスがあり、

左手には「聖キアラの祭壇」がある。そして身廊をまっすぐ進むと、聖歌隊席をへて

祭壇へと至る。祭壇には金細工の棺が置かれ、「マギの遺物」が収められている。

巨大な2つの尖塔は高さ157m。南塔の509段の階段を昇れば、95mの展望台に

到達できる。建設開始当初は、宗教建築物としての意味しかもたなかった大聖堂で

あるが、ケルンの市民たちは、良い時をへて完成した大聖堂を、ケルンのシンボルと

考えている。



<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved