ランメルスベルク

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < ヒルデスハイム


ヒルデスハイムの聖マリア大聖堂と聖ミカエル教会


オットー大帝息子ルードヴィヒがヒルデスハイムに司教区
をつくったのが815年。その後オットー3世によって、
貴族のベルンヴァルトが司教に命じられた。そのベルン
ヴァルトが行ったのが聖マリア大聖堂の改築と
聖ミカエル教会の建築である。ベルンヴァルトは
さまざまな分野に造詣が深く、また斬新な発想をもった
人物で、これらの建造物にも、その才が十分に発揮
されている。第二次世界大戦時にどちらの建造物も破壊
されてしまったが、戦後復元された。

◆聖マリア大聖堂
872年に建てられ、聖母マリアに捧げられたこの大聖堂は、1000年頃にベルンヴァルトが
バシリカ式に改築した。2度の火災に見舞われながらも、1061年に完成した。その後も
改築が重ねられ、ゴシック様式なども取り入れられて、現在の形になった。中庭にある
「1000年のバラの木」は、ルードヴィヒにこの地に聖堂をつくるよう、啓示を与えたという
伝説がある。第二次世界大戦時に大聖堂とともに焼けてしまったが、1945年、終戦の
年に再び花を咲かせ、戦災に沈む人びとを勇気づけたという。

◆聖ミカエル教会
ベルンヴァルトによって設計されたドイツ初期ロマネスク様式の教会で、1010年に
完成した。ベルンヴァルトの斬新な発想が随所に生かされており、なかでも2本の円柱と、
1本の角柱を交互に並べる「ニーダーザクセンの支柱交替」は有名。中央身廊には
エッサイからキリストへの系譜を描いた「エッサイの樹」がある。1200年頃に描かれた
ものだ。大きいが、取り外すことが可能であったため、避難させることができ、戦災を
逃れることができた。聖堂の地下にはベルンヴァルトが埋葬されている。


<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved