ヴァイマル

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < ヴァイマル


ヴァイマルとデッサウのバウハウス関連遺産


第一次世界大戦後の1919年に、建築家ヴァルター・

グローピウスによって、ヴァイマルに設立された

バウハウスは、あらゆる芸術を学ぶことのできる国立

総合美術大学であった。1925年、州政府の予算打ち切り

により、バウハウスはヴァイマルからデッサウに移転。グローピウスを校長に造形大学

として再スタートした。グローピウスによって建設されたデッサウ新校舎は、巨大な

ガラスウォールなど革新的造形がなされ、話題を呼んだ。グローピウスはデッサウで、

ほかにも集合住宅の建築などを手掛けている。残念ながら、ナチスの圧力によって、

1932年にデッサウのバウハウスは閉鎖。ベルリンに移るも、そこもまた1933年に閉鎖と

なってしまった。実習に重きをおいたバウハウスの授業内容は、大学というよりも、

中世の職人工房に近かった。制作された作品は、普遍的な中にも斬新さをもち、20世紀の

世界中の建築家や芸術家に、多大な影響を与えたのである。1979年にベルリンに

バウハウス資料館が建てられ、制作された芸術品が展示されている。デッサウの

校舎は、バウハウス財団の本拠となっている。



<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved