デルフイ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < デルフイ


デルフイの遺跡


デルフィは、ギリシア中部のパルナッソス山の南麓に

あった都市国家。デルフィを有名にしたのは「神託」で

ある。神託とは、神のお告げのことで、古代ギリシアで、

個人はもとより国家の大事を決定するのにも重要視

された。特に、太陽神アポロンを祀るデルフィの神殿で授かる神託は、最も霊験あらたかと

されており、紀元前6世紀には全世界にその名声をとどろかせ、異民族の王もこれを

求めたほどで、国家の命運すら左右していた。現在、数本の柱と土台だけが残っている

アポロン神殿は紀元前330年頃のもの。長さ60m、幅23mの広さで、38本のドーリア式

列柱に囲まれていた。内室にはアポロン像が置かれ、前室の地下聖堂の「オンファロス」

という鐘形の大理石の上で、巫女による神託が行われていたらしい。オンファロスは

「大地のへそ」を意味する。世界は平らな円盤状であると信じられていた。人びとは

デルフィこそ、その円盤すなわち世界の中心(へそ)であると考えていたのである。その

「大地のへそ」なる石は、デルフィ博物館に展示されている。遺跡は神殿だけではない。

聖域は東西1300m、南北1500mに及び、当時の参拝と同じ順路で見学できる。参道の

両側には、多くの都市国家が献じた宝庫や奉納記念碑、祭壇などが並ぶ。また、

5000人を収容する劇場跡や競技場跡もある。岩山の斜面の崖をテラス状にして

つくられたこの聖域は、眼下にオリーブの谷、雲か靄があたりを包み、なんとも神秘的に

感じられる空間である。


<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved