コパン

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < コパン


コパンのマヤ遺跡



グアテマラ国境に近いコパンはモタグア川の支流、

コパン渓谷にある。ここにあるマヤ遺跡は紀元前1200年

までには町がつくられ、紀元前900〜前600年にはオルメカ

文化の影響を受けた形跡がある。川という交易路をもち、

黒曜石やヒスイ、カカオ、ケツァルの羽などの貿易で

栄えたっ遠くはホンジュラス湾を経由して、カリブ海沿岸の

ベリーズやユカタン半島とも交易があった。5世紀初め、偉大な神官でもあった

ケツァール・パパガョ大王が支配層の頂点に立ち、コパンの統一を果たした。

628年に即位したスモーク・ジャガー王が、軍事的にも商業的にも、コバンを

繁栄させた。石碑が立ち並ぶソカロが建設されたのもこの頃である。一面に

4人ずつ、合計16人の歴代王が刻まれた有名な四角い「祭壇Q]や2000以上の

象形文字が刻まれた高さ約30m、63段の碑文の階段があるアクロポリス、

貴族の住居跡といわれるエル・ボスケとセプルツーラスは、コパンの黄全期の

壮麗さを今に伝えている。




<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved