デリー

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < デリー


デリーのフマユーン廟


ムガール帝国第2代皇帝フマユーンの墓廟である。

ムガール期ではしばしば王の存命中に墓園の造営が

始められたが、フマユ…ン廟は、妃のひとりで信仰篤い

ハッジー・ベーガムによって皇帝の死後に着工され、

没後9年目の1565年に完成した.設計はペルシアの

建築家ミラク・ミルザー・ギヤースによるもので、広大なチャハルバーグ(4つの区画に

分けられた正方形の庭園)様式にはペルシアの伝統が色濃く反映されている。

ヒンドゥー建築やそれまでのインドのイスラム建築にはない優美な姿が特徴である。

中央に上部にそびえる大ドームは、墓廟の屋根と天井を別にした二重ドーム構造で、

赤砂岩に白大理石をはめ込む造りなどは、タージ・マハルを代表とするその後の

ムガール建築に大きな影響を与えた。建物の中央には白大理石の墓が置かれているが、

これはいわば仮の墓で、フマユーン帝の棺はこの真下に安置されている.こうした

形態は、中央アジアから伝えられたものである。1857年の反英蜂起(セポイの反乱)

の際、ムガール帝国最後の皇帝バハードゥル・シャー・ザファーは、この墓廟で

イギリス軍に捕らえられて帝位を剥ぐされ、ラングーンに追放された。フマユーン廟の

北方に、プラーナ・キラー(古い城)と呼ばれる遺跡がある。ここは16世紀半ばに

建築され、のちにフマユーン帝の城となった所である.彼はここにディナハナーという

都を建設した.石積みの城壁は当時のもので、場内にはムスリムの礼拝堂や、

フマユーン帝が図書館として使用した八角形の塔がある。フマユーン帝はペルシア

文化を好む教養人であったが、スール朝の創始者シェール・シャーとの戦いに

負けてペルシアに逃れた.ムガール朝は15年間中断したが、1555年、シェール・

シャー死後のスール朝の内紛に乗じてデリーを奪回した。翌年、フマユーン帝は

図書館の階段から転げ落ちる事故で死亡した。



<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved