タージマハル

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < タージマハル


タージマハル


ムモール朝第5代阜帝シャー・ジャハーンが、最愛の妃

ムムターズ・マハルの死を悼んで建てた白亜の霊廟。

1654年の完成までに22年間の歳月と天文学的な費用を

要し、ムガール帝国の国力はこれを機に傾いていった。

正門横の入口をくぐると、正面に泉水が広がる。その

向こうにたたずむ霊廟は、左右対称の総大理石造りで、中央大ドームの高さは58m、

四隅に高さ42mのミナレットが建つ。 タージ・マハルとは、マハルの冠を意味する。

デリーのフマユーン廟で形式が確立したムガール朝の建築は、ここに頂点を迎える。

白大里石の外側の石面には黒、黄などの貴石を象嵌した装飾が施されている。

設計者については諸説あり、イラン人のウスタッド・アハマッドをはじめ、イタリア、

トルコ、フランスなど多くの外国人技術者が参画したと考えられている.さらに、

ヨーロッパのバロック様式の影響を指摘する説ともある。シャー・ジャハーン帝は、

タージ・マハル廟と対をなす、自分のための廟をヤムナー川対岸に建設する意向で

あったといわれる.しかし国庫はすでに底をついており、シャー・ジャハーンの棺は

タージ・マハル廟の王妃の棺の隣に安置された.白亜の廟は、現在大気汚染による

劣化の危機にある。



<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved