カジュラーホ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < カジュラーホ


カジュラーホの建造物群


標高280m、南北3Km、東西2kmの平地に、インド北半に

覇を唱えたチャンデーラ王家が、9〜14世紀の間に85の

寺院を建立した。現存するのはそのうち22の寺院で、

それらヒンドゥー寺院の外壁はエロティックな天女像や

ミトゥナ(男女交合)像の彫刻で埋められている。カジュラーホを特徴づけるこれらの像は、

自己と絶対者の完全な同一性を唱えるタントリズムの影響であるといわれている。

この地では古來から女性の性力が神聖祝され、寺院を飾るになくてはならないものと

されていた。インド各地では、この時期、寺院建築様式が確立され、大きく北方様式と

南方様式に分かれて発展を遂げた。カジュラーホはその北方様式を代表するもの

である.カジエラーホの寺院群は西群、東群、南群に分けられ、なかでもメインと

なるのは今も礼拝されているマタンゲシュワラ寺院などがある西群で、そのうち

10世紀後半に建てられた最大規模のカンダーリヤ・マハーデーヴァ寺院は、外壁に

646体、建物内部に226体の神像をはじめ、さまざまな姿態の男女の彫刻を有する。

東群にはジャイナ教寺院が数多いが、インドでは異なった宗教の寺院が共存することは

珍しくない。南群には、 2つのヒンドゥー教寺院がある。


<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved