サーンチー

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < サーンチー


サーンチー仏教建造物


仏陀の死後、その遺骨は8つのストゥーパに分骨された。

アショカ王はそれをさらに分け、8万以上のストゥーパを

建立した,そのほとんどは消滅したが、サーンチー

遺跡には、 3基のストゥ―バがほほ完全な形で

残されている。その中でもひときわ目立つのが、大ストゥーパ

第1塔。直径36.5m、高さ16.4塔の覆鉢の屋根の頂には四角くなっていて、「平頭」と

呼ばれる.塔の四方に立つトラーナ(塔門)には,仏陀を身ごもったマーヤー

(麻耶大人)の姿などをモチーフにした見事な浮き彫りが施されている。ストゥーパは

土製から、アショカ王の頃にレンガ製になり、紀元前2世紀頃には石材も使われた、

ストゥーパ第3塔には、仏陀の高弟シャーリプトラ(舎利弗)の遺骨が納められている。

この下には、ひとつだけれほれて第2塔がたたずむ。第1塔南門のすぐ外には

アショカ王の石柱がある。インド各地に成るアショカ王の石柱は聖地への道しるべ

となり、その石柱の上にのるライオン像は、現在のインドの国章となっている。


<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved