ポロブドゥル

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < ポロブドゥル


ポロブドゥル寺院遺跡群


1814年、ボロブドゥルの密林の中で、巨大な仏、教建造物

が発見された.安山岩を積み重ねてできたこの遺跡は、

8世紀後半〜9世紀前半にかけて築かれたものと

考えられている。長い間、寺院として人びとに信仰されてきたものだが、普通の寺院と

違い内部空間がないのが特徴である。遺跡の大きさは高さ35m、一辺の長さ約120m、

総面積1万5000uにもおよぶ.基壇の上に5層の方形壇、その上に3層の円形壇が

のっており、全体で9層のピラミッド状になっている.それは仏教の3界をあらわし、

下から順に基壇は人間のいる欲界、その上4段は神と人間が触れあうことのできる

色界、そして上部は神のいる無色界とされる.頂上ではひときわ大きいストゥーパが

天上をめざす。レリーフのある壁面は1460面、納められている仏像の数は504体。

寺院自体が仏教的な宇宙観を表現した曼荼羅になっている。ボロブドゥルの

東約3kmの所にはムンドゥッ寺院があり、堂内に安置された3体の石造の仏像のうち、

中央の如来侍坐像は、世界で最も美しい仏像のひとつといわれている.入口の

左右の内壁に描かれたレリーフは、鬼子母神と毘沙門天の図と考えられている。

母のやさしさ、父の厳しさ、子どもたちのかわいらしさがよく表現されている。




<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved