イスファハンイマーム

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < イスファハンイマーム


イスファハンイマーム広場


町の東西を貫くザーヤンデ川をはじめ、豊かな水と緑に

恵まれたイスファハンは、イランでも最も美しい町で

あろう。16世紀、長きにわたった異民族支配の後、

ペルシアの王朝として誕生したサファヴィー朝の首都で

ある。その繁栄ぶりは、「イスファハンを見ることは

世界の半分を見ること」といわれたほど。1599年、アッバース1世は、世界の政治、

経済、宗教、文化の中心地になるよう、イスファハンの大改造に着手した。町の中心の

イマーム広場は、南北510m、東西163mの長方形で、元ポロ競技場であったといわれる。

その周囲は2層構造の回廊に囲まれ、 1階部分は、今でも土産物店などの商店が

入っている。広場の西側のアリ・カブ宮殿は、15世紀に建てられた宮殿を改築したもので、

迎賓館として使われていた. 2階の屋根付きテラスから、広場が一望できる。王は

ここからパレードやポロ競技を見物した。最上階には贅をつくした音楽ホールがある。

ドーム天井には、壺や鉢などの形をした壁龕が設けられている。南にはモスクの

傑作といわれる、ペルシアンブルーのマスジッド・イ・シャー(王のモスク)がそびえ

立つ。イラン独特の鍾乳石飾りのある正面イーワーンを入ると、礼拝堂への通路は

45度に曲がっている.これは、礼拝堂をメッカの方向へ向けるための工夫である。

礼拝堂の高さ52mのドームには、花や草木をモチーフにしたアラベスク模様が、

7色の彩色タイルで描かれている。広場の西側のシェイク・ロトフォラー・モスクは、

尖塔も中にもない簡素なつくりだが、アッバースl 世の個人礼拝堂だった。

ペルシアでは青や緑のタイルを使うのが一般的だが、ここでは黄色のタイルが

ドームの内外や壁を飾る。




<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved