アクィレイア

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < アクィレイア


アクィレイアの遺跡とバシリカ総主教聖堂


紀元的181年、古代ローマ帝国が植民地を建設しようとした時、

大空に爆(アクィラ)が舞った。その町はアクィレイアと命名され、

非常に栄えた。南に海をもち、西方ガリア、東方オリエント、北方

バルト海へと放射状に道がのびる。ゲルマン民族との戦いの際

には、アウグストゥス帝の本営が置かれたほどだった。現在、糸杉

の木立の中に、古代の家々や広場が連なる遺跡が保存されている。 遺跡発見の契機と

なったバシリカは、4世紀の建造物の廃墟の上に、11世紀に建てられたロマネスク様式の

教会で、独立した鐘楼が建つ。ラテン十字形の内部には三廊構成の身廊があり、

その床を覆うモザイクが素晴しい。4世紀の作品で、西欧に現存する最大かつ最も豪華な

モザイクのひとつである。そのほかに、9世紀の地下礼拝堂、ロマネスクのフレスコ画なども

あり、ここが西ローマ帝国滅亡後も長く繁栄した町だったことを伝える。

<出所元:小学館『世界遺産の旅』>



ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved