ナポリ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < ナポリ


ナポリ歴史地区


「ナポリを見て死ね」という言葉は、ナポリ湾の絶景に

捧げられた賛辞だが、今、この町の美しさを賛える人は

あまりいない。ただ、騒々しくごちゃごちゃとした町と

いっても過言ではない。ではなぜ世界遺産になったのか。

 そもそも、ナポリは、紀元的にまでさかのぼる古い歴史をもちながら、2500年もの間、

一度も輝いた時代がない。入れ変わり立ち変わりさまざまな外国に支配され続け、産業

らしい産業もないまま、近代に至っても、貧しい小作人の町として、北部との格差を

広げている。しかし、ナポリはずっとナポリだった。翻弄され続けたそんな歴史を絶え

抜いてきた、たくましい都市なのである。柔軟で、いくぶん投げやりでメランコリックな、

しかし明るさを失わない、そんなナポリっ子気質は、ある意味で巨大な再生力をもって

いるのだ。 旧市街の西側に広がる「スパッカ・ナポリ」街区を歩いてみよう。狭い路地に

洗濯物がはためいて、なんとも下財貨防たっぷり。ギリシアの植民都市時代から、庶民の

居住区だったこの街区に、いまも足気な庶民が同じように暮らしている。観光客には

わからないが、中庭を囲む形の集合住宅だ。修道院の多くにも美しい中庭があり、

この町には広場がほとんどない代わに、独自の「中庭文化」が生きていることがわかる。

また、ナポリの近郊には、ローマ時代の都市が眠っている。そこからなんと市内まで

水道が引かねており、最近まで使われていたこともわかっている。こねらの例からも

わかるように、混沌に見えるが建築をはじめすべてのものは、各時代に彼らが支配者

たちから吸収して、自分たちのものにしてきた「ナポリ文化]の集大成なのである。これも

またイタリアの姿である。何も死ぬことはない、せめて「ナポリを見てイタリアを語れ」。

<出所元:小学館『世界遺産の旅』>



ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved