石見銀山

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < 石見銀山


石見銀山遺跡とその文化的景観



石見銀山(いわみぎんざん)は、島根県大田市にある

戦国時代後期から江戸時代前期にかけて最盛期を迎えた

日本最大の銀山(現在は閉山)であり、大森銀山

(おおもりぎんざん)とも呼ばれ、江戸時代初期は

佐摩銀山(さまぎんざん)と呼ばれた。明治期以降は銅が

主に採鉱された。鉱脈は石見国東部、現在の島根県

大田市大森の地を中心とし、同市仁摩町や温泉津町にも

広がっていた。日本を代表する鉱山遺跡として1969年(昭和44年)に国によって史跡に

指定。2007年(平成19年)6月28日にニュージーランドのクライストチャーチで開催

されていた世界遺産委員会でユネスコの世界遺産(文化遺産)への登録が決まり、

7月2日に正式登録された。一般に銀山開発においては銀の精錬のため大量の

薪炭用木材が必要とされたが、石見銀山では適切な森林の管理がなされたことにより

環境への負荷の少ない開発がなされ、今日に至るまで銀山一帯には広葉樹などを

含む森林が残されてきている点が特に評価されている[1](後述の「登録までの

経緯」の節参照)。2007年には日本の地質百選にも選定されている。初期には

仙ノ山山頂付近から自然銀に富む福石(ふくいし)が主に産出し、開発が

進行するにつれ地下深くなり、銀を多く含む黄銅鉱、黄鉄鉱、方鉛鉱などの永久鉱床

(えいきゅうこうしょう)の採掘に移行していった。




<出所元:小学館『世界遺産の旅』、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』>






ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved