屋久島

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < 屋久島


屋久島



屋久島は周囲約132km。火山島ではなく、大部分は花崗岩

からなっている。中央部には日本百名山の一つで九州地方

最高峰の宮之浦岳 (1,936m) がそびえるほか、他にも

数多くの1,000m級の山々を有し、「洋上のアルプス」の

呼び名がある。また、海からの湿った風がこれらの山に

ぶつかり、「屋久島は月のうち、三十五日は雨」と表現される

ほど大量の降雨をもたらすため、年間降水量は平地で

約4000mm、山地では8000mmから10000mmにも達する。また、亜熱帯地域に

位置する島でありながら、2,000m近い山々があるため亜熱帯から亜寒帯に及ぶ

多様な植物相が確認されている。島の中心部には、日本最南端の高層湿原である

花之江河(はなのえごう)、小花之江河が存在するほか、山頂付近の年間平均気温は

約5℃(札幌市よりも低い)であるために積雪が観測されており、日本国内において

積雪が観測される最南端となっている(60cm以上の積雪を観測することがあるほか、

3月の彼岸以降でも大雪や路面凍結、また4月以降でも頂上付近ではまだ冠雪が

見られる)。こうした条件により、豊富な流水や湧水に恵まれ、1985年、宮之浦岳流水は

名水百選に選ばれている。また、2007年、日本の地質百選に選定された。

野生哺乳類としては、ヤクザルやヤクシカ、コウベモグラ、ジネズミ、ヒメネズミ、

コイタチ、コウモリ数種しか生息していない。1990年代から外来種のタヌキが観察

されるようになり、定着したものと思われる。薩摩藩政時代にはジュゴンが、

昭和初期にはカワウソ[5]が生息していたことが報告されているが、標本等は

残されていない。縄文杉などの屋久杉が自生するほか、日本最北端の

ガジュマル林がある。島北部の永田浜は世界有数のアカウミガメの産卵地であり、

ラムサール条約登録湿地となっている。



<出所元:小学館『世界遺産の旅』、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』>






ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved