白神山地

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < 白神山地


白神山地



全体の面積は13万haでそのうち約1万7千ha(169.7km²)が

ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されている。

青森県側の面積はそのうち74%の126.3km²を占め、

残る43.4km²は秋田県北西部にあたる。なお、白神山地は法隆寺地域の仏教建造物、

姫路城、屋久島とともに、1993年、日本で最初に世界遺産に登録された。白神山地は、

世界遺産登録地域の外側にも広大な山林を持ち、通常は、登録地域外も含めて

呼ばれることが多い。その中でも特に林道などの整備が全く行われていなかった

中心地域が世界遺産に登録されている。世界遺産地域は、中央部の核心地域と、

周辺の緩衝地域に分かれ、これらの地域は世界遺産登録時より開発を行わず、

現状のまま保護されることになっている。従って、これらの地域には遺産登録以前から

あった登山道以外には道はなく、今後も恒久的に整備されない予定である。特に

核心地域には道らしい道はない。また、青森県側の核心地域に入るには、事前、

あるいは当日までに森林管理署長に報告をする必要がある。秋田県側の核心地区は

原則的に入山禁止である。核心地区は林道すらないので、そこを踏破するには極めて

高度な技術を必要とする。世界遺産に登録されてから、核心地区での遭難事故も

あり死亡者も出ている。世界遺産登録地域は、登録前後に禁猟区に指定されている。

漁を行うには漁業協同組合と森林管理署長の許可が必要である。なお、漁業組合は

ここを通年禁漁としている。位置は青森県西津軽郡鰺ヶ沢町、深浦町、

中津軽郡西目屋村、秋田県山本郡藤里町で標高300m〜1243mの向白神岳に及ぶ

山岳地帯である。





<出所元:小学館『世界遺産の旅』、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』>






ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved