アムラ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < アムラ


アムラ城


8世紀、ウマイヤ朝のカリフ(王)たちは、シリア砂漠の

西側に、たくさんの砂漠の宮殿を設けた。宮殿は征服した

土地を管理警戒する拠点であると同時に、厳格な

イスラム教徒の目を逃れ、酒や入浴などの享楽を満喫

する場として、使用されていた。その中のひとつがアムラ城で、キャラバンサライ

(隊商宿)を増改築した宮殿である。石造りの建物は、謁見の間と浴場に分かれている。

3つのかまぼこ形の屋根をのせた謁見の間の床は、モザイクタイルで覆われている。

壁や天井には、体操をする運動選手、半裸体の踊り子、高価な宝石を身につけて

浴槽でくつろぐ婦人などの、ウマイヤ朝の宮廷生活や、歴史、神話をモチーフにした

フレスコ画で飾られている。熱浴室(サウナ)のドーム形天井には、天体図が描かれ

ローマ式の浴場には、踊る裸婦、少年とたわむれる裸婦など裸体画が堂々と並ぶ。

肌の露出には厳格なイスラム社会では、あまりお目にかかれないフレスコ画である。




<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved