エルサレム

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < エルサレム


エルサレム旧市街・その城壁


ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地である。3000年

の間に破壊と再建が繰り返され、現在もさまざまな表情を

もっている.16世紀、オスマン・トルコによって築かれた

約lkm四方の城壁で固まれた旧市街は、現在、

ユダヤ教徒地区、キリスト教徒地区、イスラム教徒地区、アルメニア人地区に分かれて

いる。紀元前1000年頃に、イスラエル王ダビデが統一国家を建国し、ここに首都を

おいた。後継者ソロモン王、そして紀元前37年にユダヤエとなったヘロデ王によって

神殿が築かれたが、70年にローマ軍の侵略により破壊され、ユダヤ人は離散の民と

なった。エルサレムに立ち入りを禁じられていたユダヤ人だが、 4世紀以降は年に

1度だけ、破壊をまぬがれた神殿西側の壁への立ち入りが許された。この壁は、

彼らが祖国喪失を嘆き、祈る様子から「嘆きの壁」と呼ばれるようになった。 どんどん

「嘆きの壁」の内側の丘陵地には、燦然と輝く黄金のドームが見える.イスラム教徒が

聖地とする岩のドームである.691年にウマイヤ朝第5代カリフによって建てられた

ドームは、預言者ムハンマドが啓示を受けるために天界へ旅立った場所に建つ。

八角形の円堂の上にドーム屋根がのり、内部はアラベスク模様のモザイクで

飾られている.キリスト教徒にとって象徴的な場所は、327年にローマの

コンスタンティヌス帝の命でつくられた「聖墳墓教会」である。キリストが十字架に

かけられたゴルゴタの丘に建ち、埋葬され復活した墓、キリストの遺体に塗油を

施した石などがある。




<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved