宋廟

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < 宋廟


宋廟


ソウルの中心部、鐘路(チョンノ)に近く、昌慶宮

(チャンギョングン)のすぐ南側にあって陸橋で

結ばれている.この朝鮮王朝歴代の王と王妃を

祀った宗廟は、当初1395年に完成したが、王宮の

他の建造物と同様に1592年の壬辰倭乱(文禄の役)で焼失し、1608年に再建、その後

増修策の結果、1836年に現在の形となった。正殿と別廟である永寧殿、斎室、功巨堂、

典祀庁などの朝鮮王朝時代の建物がうっそうと覆われた樹木の中に建ち並び、大都市の

喧噪を忘れさせてくれる.正殿は、正門である彰葉門(チャンヨムン)をくぐり、祖先の霊が

通るといわれる、神道の正面にある.左右に100mの間口、横にのびた建坪は約2270ごu

というが、外廊にエンタシスの円柱が連なり、実際以上に大きく感じられる。永寧殿は

正殿の北側にあり、低い石塀で囲まれ、正殿ほどの大きさはないが、やはり横長の

建物である。正殿には朝鮮王朝太祖李成桂(イソンゲ)以来19代の王と王妃が、

永寧殿にはその他の王や王族が儒式で祀られている。毎年5月の第1日曜日、朝鮮王朝

の始祖の本貫、全州李氏の子孫が集まり宗廟大祭を催す。伝統的な民族衣装に身を

つつみ、祖霊を拝み、歴代国王の功績を賛える行事である.荘厳な雅楽が奏で

られるなか、静かに華やかな儀式が行われる.朝鮮王朝の式典はこうだったのか、

と思わせる興味深いものである.演奏される器楽、歌、舞踊は総称して宗廟祭礼楽と

呼ばれ、重要無形文化財となっている。


<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved