バンディアガラ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < バンディアガラ


バンディアガラの断崖


マリの中央部に東西に横たわるバンディアガラ山地。

そのニジェール川側は標高を500mほどの断崖と

なっており、この台地上や断崖にへばり付くように、

ドゴン族の集落が点在している。1300年頃に住み着き、奴隷狩りから逃れるための

要寒として、また、その後のイスラム化や戦禍を避けるために、このような場所に

定着したといわれる。それがまた、独特な景観を醸し出している。彼らは、天地創造の

神話をはじめとする壮大な宇宙観、独特の社会制度や芸術文化をもち、観光化の波に

さらされながらも、今もなお伝統的な生活を送っている。ドゴン族の世界を語るとき、

仮面の儀礼祭を避けることはできない。祭りには、先祖を賛えるもの、氏族のトーテムを

祀るもの、死者の霊を慰めるものなどがある。その中でも60年に1度、シリウス星が

太陽とともに昇る日に行われる、「シギの祭り」は最大といわれている,仮面は、目には

見えない霊的存在や、 世界と交流する手段として用いられる。90種におよぶ仮面は、

動物、鳥、 ドゴン族の首長であるオゴンやトーテム、司祭、若者、娘、他部族や

ヨーロッパ人、さらには天地といった抽象にまでおよぶ。こういった仮面文化はドゴン族に

限らず、西、中央アフリカの農耕民社会に広く見られる。


<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved