グアダラハラ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < グアダラハラ


グアダラハラのカバーニャス孤児院



オスピシオ・カバーニャスは、メキシコのハリスコ州

グアダラハラにある孤児院および病院の複合施設である。

スペイン語圏アメリカにおける最も歴史が古く、規模の

大きい総合病院であり、1997年、文化遺産として

世界遺産に登録された。1791年、グアダラハラ司教により、感化院、病院、孤児院、

救貧院の機能を統合する複合施設として設立された。名前の由来は、1796年に

グアダラハラ管区に任命されたホアン・ルイズ・デ・カバーニャスにある。

メキシコ・シティ出身の高名な建築家である、マニュエル・トルサが設計に携わった。

トルサの設計は、パリにあるゴシック様式のオテル・デ・ザンヴァリッドや、

マドリード近郊のエル・エスコリアルなどに準拠した、新古典様式に分類される。

建物は164メートル×145メートルの巨大な長方形を形作っており、一階建てで高さは

7.5メートルにも達する。チャペルはその倍以上の高さを備えつつ、ドームの高さは

32.5メートルである。これらの一連の建物は「病人、年配の人、子供たちが容易に

行き来できるように」単一階にすべて形成されている。1823年のカバーニャスの死後も、

建造工事は1829年まで続いた。19世紀半ばには兵舎として使用されていた時期も

あったものの、本施設は20世紀に入っても正常に稼動を続け、家のない子供たちを

多数受け入れた。1980年、カバーニャス文化協会がその提携する美術、工芸の

学校とともに入居して来たため、その機能を停止した。内部の装飾の見どころは、

チャペル内に位置する、メキシコ美術の巨匠、ホセ・クレメンテ・オロスコの手による、

50以上のフレスコ画や天井画廊があげられる。その中でも、彼の最高傑作である、

天井に描かれた『炎の人』(1936年-1939年)は圧巻である。





<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved