ポポカテペトル

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < ポポカテペトル


ポポカテペトル山腹の修道院



1521年、アステカ帝国はスペインに征服された。その後、

スペイン人によって建てられた修道院が、ポポカテペトル

山麓に点在する。1523年以降、フランシスコ会や

ドミニコ会、アウグスティヌス会の修道士が上陸し

布教活動を始めた。フランシスコ会はメキシコ・シティの南のクエルナバカ、ドミニコ会は

オアステペク、アウグスティヌス会はオクイトゥコを皮切りに、次々に修道院を建築した。

16世紀には300以上の修道院が、山麓に点在したが、メキシコ独立後の1859年には、

国家に接収され、学校や病院に転用された。 現在、残る14の修道院は、風雨などに

よる劣化は激しいものの、宗教画やフレスコ画の数々が残されている。また礼拝堂を

はじめ、調度品や日用品を展示する食堂、修道僧の宿房などから、当時の生活を

うかがうことができる。修道院が残る町としては、ウェホツィンゴ(ブエブラ州)、

トラヤカルパン(モレロス州)、アメカメカ(メキシコ州)などが有名である。




<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved