オアハカ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < オアハカ


オアハカ歴史地区とモンテ・アルバン遺跡



オアハカは、南シエラ・マドレの山々に囲まれた、温和な

気候の都市である。古代追跡、インディヘナ文化、

スペイン植民地文化がバランスよくそろった観光の要所

でもある。町の中央広場にあるサント・ドミンゴ聖母は、

17世紀に建てられたバロック建築の傑作で、内部の

豪華絢爛たる黄金装飾は、一見に価する。征服者コルテスが住んだ館「コルテスの家」も

バロック様式で人気がある。オアハカはメキシコ人が「愛国心のシンボル」と慕う、

1861年に大統領となったインディヘナのベニート・フアレスの出身地である。オアハカの

西方4kmの地にモンテ・アルバン遺跡がある。スペイン人によって「白い山」と

名づけられた追跡は紀元前500年頃、オルメカ文明との文化的交流が始まり、

紀元前後には最初の大規模な建造物がつくられた。 最盛期を迎えるのは

300〜700年頃のサポテカ族の時代で、南北300m、東西200mのソカロ(中央広場)の

周辺に、テオティワカン文明の影響を受けた住居や神殿が数多く建設された。

またマヤとの交流を物語るI字形の球戯場もある。ソカロの南に位置する

ピラミッド形の神殿は、頂上からの眺望が素晴しい。南の大基壇は最も大きな建物で、

その正面に天文台が45度傾いて住っている。発掘品で最も興味深いものは、

「ダンサンテス(踊る人)]と呼ばれる石裂のレリーフである。意味は不明だが、

奇妙な格好の人物が表現力豊かに彫られており、300体以上発見されている。

 800年頃から、衰退期に入り、サポテカ族は中心地をミトスに移した。

モンテ・アルバンは、ミステカ族に征服され、ネクロポリス(墓域)に転用された。

1932年に、ここの墳墓から約500点もの金、銀、トルコ石、ヒスイなどでできた

装飾品が発掘された。これらは、ミステカ族の王族たちの副葬品と思われる。

1521年、モンテ・アルバンはスペイン人の手に落ち、コロニアル都市へと

変貌するのである。



<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved